セミナー実施都市 / 近畿・大阪プログラム

近畿・大阪 2018年12月13日

プログラム

近畿・大阪プログラム
2018年12月13日(木曜日)13:30~17:00

1.共催代表挨拶/近畿経済産業局 産業部 コンテンツ産業支援室 室長 前原 誠
2.先進コンテンツを活用した多産業展開について/映像産業振興機構 榊原 晋
  • ① 「文化財多言語解説整備事業」(文化庁)
  • ② 「最先端観光コンテンツインキュベーター事業」(観光庁)
  • ③ 「平成31年度概算要求」各省庁分析について
  • ④ 東京大学バーチャルリアリティ教育研究センター紹介
3.VR・AR等コンテンツ制作ガイドラインの紹介/MoguraVR 代表 久保田 瞬
  • ① 「VR等のコンテンツ制作技術活用ガイドライン2018」、「How to make VR content」
  • ② 「文化財の観光活用に向けたVR等の制作・運用ガイドライン」
  • ③ 海外先進コンテンツの事業動向について
4.地域における先進コンテンツ技術活用事例
  • ① VRシミュレータ・MRドローン~VR・MR技術の産業展開の可能性
      株式会社ズームス代表取締役 保田充彦
  • ② 超高解像度360度全球ドローンを使ったVR・プラネタリウム展開
      株式会社五藤光学研究所カスタマーサポートカンパニー長 田中正明
  • ③ VRを活用する文化財の観光資源化と取り組み紹介
      凸版印刷株式会社 情報コミュニケーション事業本部 トッパンアイデアセンター 奥平正幸
5.「先進コンテンツ技術による地域活性化促進事業」事業紹介/映像産業振興機構 榊原 晋
  • ① 株式会社IMAGICA Lab.(地球がむき出しの島 三宅島)
  • ② 株式会社NHKエンタープライズ(超広角レンズを使用した歌舞伎)
  • ③ 株式会社ハコスコ(3次元計測+実写による文化遺産)
  • ④ その他の先進事例(参考にしていただける技術の一例)等の紹介
6.質疑応答
  • ① 事前アンケートに対するコメント
  • ② アンケート実施
7.『VR・AR等の先進事例の紹介と体験会』:3システムで実施予定
  • ① 観光・文化財×VR
  • ② 歴史再現・文化財×VR
  • ③ 建築・製造業×VR/MR 等
  • ④ 会議×VR、トレーニング×VR
定員に達したため、お申込みは終了いたしました